大阪市天王寺駅、阿倍野橋駅の司法書士 榊原秀剛司法書士/社会福祉士事務所 > ブログ > 2006年7月26日(水)

2006年7月26日(水)


昨日、新阪急ホテルで、読売テレビアナウンサー小林杏奈さんの講演会がありました。
主催は「中央大学関西クラブ」という同窓会で、私の事務所がその事務局をしております。
小林杏奈さんは、1980年生まれ、中央大学法学部を卒業後、読売テレビに2003年に入社された、元気いっぱい笑顔がキュートな女子アナです。
同じ大学出身ということで、忙しいなかご無理を言って、講演をしていただいたのです。

放送局という華やかな世界のことをいろいろとお話しいただいた後、私を含め、卒業してすでに20年以上は経つ「おじさん達」が彼女と2次会の席をもつこととなりました。
彼女の輝くような美しさに、我々「おじさん」はすっかり魅せられてしまい、やがて、我々の一人が(実は私だったかもしれません)明日の放送中に我々だけにわかるようなサインをしてくれないかという無理なお願いをしてしまいました。
優しい彼女は、当惑しながらも、「では、自然な形であごをなでるようなしぐさをどこかで入れましょう」と言ってくださいました。
彼女の出番は、朝の6時20分頃、40分頃そして7時20分ということでした。

いつもは私は朝はめっぽう弱く、6時台に目を覚ますことなど、一年に一度あるかないかです。にもかかわらず、私は、胸をときめかせて、6時20分からずっとテレビを見ていました。

今日は一日中、寝不足で疲れました。
結局、タイミングが合わなかったということで、彼女からのメッセージはありませんでした。お詫びのメールが入っていました。



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻るa

Category カテゴリー