大阪市天王寺駅、阿倍野橋駅の司法書士 榊原秀剛司法書士/社会福祉士事務所 > ブログ > 2006年12月5日(火)

2006年12月5日(火)


北風が身にしみる季節になりました。昨日などの冷たさは冷蔵庫に顔を突っ込んだような感じさえします。
さて、早いもので今年ももう最後の月です。
私の事務所のある大阪阿倍野も、恒例となったフープの建物全体を覆うイルミネーションや近鉄百貨店の電光のツリーが夜の街を華やかに彩っています。
やがてクリスマスとなり、恋人たちが愛を語らい、ファミリーがケーキを囲んで集います。うかうかしてる間に除夜の鐘。お隣の天王寺の寺町からかすかに鐘の音も聞こえてきたりします。
毎年毎年同じ光景ですが、身近な人を身近に思う貴重なひと時が流れます。
そして明けてお正月。神社の赤い鳥居に玉砂利の音。破魔矢を買っておみくじを引いたり。

この間に平均的な日本人が何の違和感もなく接する各宗教の行事の数々。
このおおらかさこそ、日本人!と毎年感じて過ごす私の好きな季節です。



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻るa

Category カテゴリー