大阪市天王寺駅、阿倍野橋駅の司法書士 榊原秀剛司法書士/社会福祉士事務所 > ブログ > 2007年1月17日(水)

2007年1月17日(水)


新年早々、世相を現すような殺伐たる事件が続きます。
昨年の流行は、親が子を殺し、子が親を殺すといったことでしたが、今年は、兄が妹を殺し、妻が夫を殺すことになりそうです。それも、遺体をバラバラにするというおまけがついて。
時代は間違いなく「市場原理」と「自己責任」万能主義に向ってまっしぐら、弱肉強食、格差社会へと突き進んでいます。生活苦など絶対にわからない「坊ちゃん首相」が、「残業代カット、首切り法案」を早々に国会に提出するつもりです。

本当に、悲しみ嘆く人を前にしたとき、人は他人に何ができるか。そんな時、むやみに励ますのではなく、そっと寄り添いそれこそ相手の掌に自分の掌をそえることぐらいしかできないのではないかと、五木寛之が何かの本で書いていました。
私も霞を食って生きてゆけるわけではありませんから、きれいごとばかりは言えませんが、こんな時代だからこそ、本当に困って事務所にこられる方に対しては、そっと寄り添う気持ちだけは忘れたくないものだと思っています。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻るa

Category カテゴリー