大阪市天王寺駅、阿倍野橋駅の司法書士 榊原秀剛司法書士/社会福祉士事務所 > ブログ > 暑中、お見舞い申し上げます。 2007年8月6日(月)

暑中、お見舞い申し上げます。 2007年8月6日(月)


当初の予想に反し、先月は比較的、過ごしやすい日々が続きましたが、今月に入り、いよいよ、クマゼミが声高に鳴く夏本番となりました。
皆様方には、お元気でお暮らしでしょうか?
私の事務所でも、所員一同、おかげさまで元気に過ごさせていただいており、本当に、ありがたいかぎりです。このたび、女性事務員の一人がめでたく結婚、今日まで新婚旅行休暇をいただいておりましたが、明日からまた全員がそろいます。
折から、先ほどの参議院選挙では、与党が歴史的大敗をきっし、政局も不安定、我々の生活に直接、影響が及ぶ税金、年金、景気、教育などの行方も不透明、この国は、いったいどうなってゆくのか不安と期待がないまぜになった混沌とした状況となってまいりました。
しかしながら、今日は、昭和20年、廣島に原爆が投下された日、さまざまな政治的解釈はあるのでしょうが、実際、何十万という人々が、業火に焼かれ、無残にもお亡くなりになったという事実は、誰も否定できないことです。このような惨事が決して、若い人たちの代や子や孫の代にも起こらないよう、エゴとエゴがぶつかり合う国際社会の中で、うまく日本の舵取りを政治家の方々にはお願いしたいものです。
もちろん、我々も、しっかり、正当に政治参加をしなければなりませんが。

そういった意味では、我々国民が、今回、政治参加したことによって、満足に国民に説明さえできない、「絆創膏王子」が、大臣の職を失ったことは実に喜ばしいことです。



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻るa

Category カテゴリー