大阪市天王寺駅、阿倍野橋駅の司法書士 榊原秀剛司法書士/社会福祉士事務所 > 遺産相続手続き(遺産整理)

遺産相続手続き(遺産整理)

egao_pn2

急に訪れるご親族の訃報。 悲しみのあとに残される煩雑で複雑な遺産相続手続きの数々を
成年後見人就任約80件・遺言執行約30件の実績で培った財産管理の知識と経験で
必要な遺産相続手続きすべてにわたって
より依頼しやすく よりリーズナブルに!を追求したシステムでトータルにあなたをサポート!

 

2012-fuji-2012yokohama-215近畿一円、どこでも出張2012-fuji-2012yokohama-290 2012-fuji-2012yokohama-215使いやすさの9万円から2012-fuji-2012yokohama-290

 

lightbulb司法書士は弁護士を除く他の資格者と違って、財産管理業務について法令上の根拠を持つ職能です。(司法書士法29条1項第1号、司法書士法施行規則31 条1号)

 

どうぞ、ご安心なさってご利用ください。


まずは、何をしなければならないのか、全体を理解したい。
自分でできるものは自分でやって、できるだけ費用をかけたくない。
私は、できればすべてを任せたい。
実績ある事務所に依頼したい。
できれば損害保険に加入している事務所に任せたい。
信託銀行に聞いたら、最低報酬100万円と言われた。費用はできるだけかけたくないのに・・・
とにかく面倒なことはごめんだ!

 

さあ、どうしよう!?こんなことで困っていませんか?2012-fuji-2012yokohama-231

q 故人名義の通帳から、立て替えた入院費や葬儀代金を引き出そうとしたが窓口で止められた。
a 被相続人が死亡したことを金融機関が知るところになると、いわゆる「口座の凍結」がなされます。それ以降は、相続人全員がそろって手続きをしなければ、一円たりとも引き出せませんし、口座振替になっているものも落ちなくなります。一般には「死亡届」を提出することで「凍結」されますが、地方においては死亡の事実がまたたくまに知れ渡ることもあるそうで、いつの間にか引き出せなくなっていたということもあるようです。
   
q 故人名義の不動産があるが、一緒に暮らしていた私がもらって、他の兄弟には現金を渡したい。
a 遺産分割の方法には、現物分割、換価分割、代償分割がありますが、話し合いがまとまれば、上のように分けることもできます。遺産分割協議書に合意事項を記しますが、話し合いがまとまらなければ遺産分割調停から訴訟手続きへと移行することになります。
   
q 私が受取人の生命保険金があるのですが・・・
a 死亡保険金は相続財産には含まれません。死亡保険金受取人j固有の権利です。
請求手続きは、ご希望により別途、お引き受けいたします。
   
q 相続税がかかるのではないかと心配。
a 相続税や準確定申告など、税金のことは熟練の税理士がしっかりサポートいたします。
   
q 自筆証書遺言や公正証書遺言が出てきた。
a 公正証書遺言には必要ありませんが、自筆証書遺言の場合は家庭裁判所に申し立てて「検認手続」が必要になります。検認手続とは、遺言の存在及びその内容、遺言書の形状、加除訂正の状態、日付、署名など遺言書の内容を明確にして遺言書の偽造・変造を防止するための手続です。遺言の有効・無効を判断する手続ではありませんが、遺言書をもとにして登記を行う場合には必ず必要とされるものです。
   
q 故人の葬儀を出して3カ月以上過ぎてから、相続人である私に故人の借金の督促状が来た。
a 相続はプラスの財産だけでなくマイナス、つまり借金も承継されます。プラスの財産より、借金の方が多い場合は「相続放棄」も考えなければなりません。相続放棄は、自分が相続人になったことを知った時から3カ月以内にしなければならないのが民法上の制約ですが、借金等がある場合は、判例で、「借金」を知った時から3カ月以内で認められているケースもありますので、まず、諦めずに申し立ててみることです。ちなみに私の事務所ではほぼ全件、認められています。
   
q 相続人の中に先妻の息子がいるが、腹違いの兄弟の私をよく思っていない。
a 司法書士の立場では、争いに介入することはできませんが、法定相続分で預貯金を分ける等、当事者同士で合意ができている場合は、お互いに極力、顔を合わさないで済むように手続きの代行をいたします。なお、合意が整わない場合は、弁護士が対処いたします。
   
q 相続人の中にアメリカ国籍を取得した人がいる。
a 私の実体験です。
預貯金の手続きをするにしても、印鑑証明書はとれません。日本国籍を離脱しているので、日本の大使館等での署名証明もありません。
戦後すぐに日本を離れた方でしたので日本語も怪しくなっていました。(アメリカ人弁護士に怪しい奴と疑われました。)
しかしながら、メールと片言の電話でのやり取りなどで、無事、預金払い戻し手続きを完了しています。
   
q 相続人の中に認知症を患った高齢者がいる。
a 昨今、よくある話です。
親族を申立人として成年後見制度にもって行きます。私榊原自身、60件以上の法定後見人に就任してきた実績を持ちます。
   
q 相続人の中に所在不明や生死不明の人がいる。
a 家庭裁判所に、不在者の財産管理人選任申立や失踪宣告の申立を行います。ともに司法書士の仕事です。
   
q 大切なものを預けるので事務所のセキュリティが心配です。
a 綜合警備保障株式会社による機械警備で守られています。また、職務上賠償保険にも事務所構成員全員、マックスで加入しております。(榊原1人だけで6億円)
   
q 遺産相続手続きは行政書士、税理士、司法書士などいろいろな資格者が行っていますが、違いはありますか?
a 各資格者は、本来、業法等でカバーする領域が決まっています。
司法書士:不動産の名義変更、相続放棄や遺言書検認など家庭裁判所手続。遺産分割協議書の作成
税理士:相続税、準確定申告の試算・申告
行政書士:遺産分割協議書の作成
弁護士:遺産分割協議の交渉、家庭裁判所の調停や審判、訴訟の代理人
社会保険労務士:国民年金、厚生年金、健康保険などの保険・年金手続き
など、それぞれに専門とする分野があります。ですから、すべてのニーズにお応えするためには多くの専門家の協働が必要になるのです。
なお、信託銀行も行っている預貯金の名義変更などは、本来資格者でなくても誰が行ってもいいものですが、司法書士には弁護士を除く他の資格者と違って、遺産整理のような財産管理業務について法令上の根拠が与えられています。(司法書士法29条1項第1号、司法書士法施行規則31 条1号)
   
q 相続人の中に未成年者がいるのですが・・・
a 遺産分割協議をその親権者と一緒に行う場合には、家庭裁判所に特別代理人の選任申立を行います。
   
q 故人名義の不動産を売却しようと相続人全員で決めました。その前に、遺品を整理したり家財を撤去したりする必要があります。
a 必要に応じて不動産仲介業者や遺品整理、古物商、廃品回収業者等をご紹介いたします。ご紹介料は無料です。

 

2012-fuji-2012yokohama-215近畿一円、どこでも出張2012-fuji-2012yokohama-290 2012-fuji-2012yokohama-215使いやすさの9万円から2012-fuji-2012yokohama-290

依頼したら何をしてもらえるの?~トータルに、より、リーズナブルに!~

 

1.基本形~まずは預貯金の名義変更

遺産相続手続きで必ずと言っていいほどしなければならない作業が預貯金口座の相続手続きです。
それを、以下のようなリーズナブルな報酬額でお引き受けいたしております。

相続財産評価額 報酬(税別)
500万円まで 9万円
2,000万円まで 13万円
4,000万円まで 17万円
6,000万円まで 21万円
8,000万円まで 27万円
8,000万円以上 個別相談

2012-fuji-2012yokohama-090上記は、預貯金口座1口についての料金です。銀行、ゆうちょの口座が2口以上ある場合は1口座につき3万円を加算します。(税別)

2012-fuji-2012yokohama-090ゆうちょ、銀行以外の金融機関の相続手続きは1口座につき4万円を加算します。 相続手続きで必要になる戸籍謄本等は当事務所ですべてを代わって取得しますが、相続人が兄弟姉妹の場合は、父母の出生にさかのぼる数多くの戸籍を取得する必要が生じますので、兄弟の数1人につき2万円を加算します。(税別)

2012-fuji-2012yokohama-090戸籍謄本等を代わって取得する場合、1請求につき1,000円の報酬をいただきます。(税別)

2012-fuji-2012yokohama-090ご高齢やお体が不自由などのためにお住まいの所に出張させていただく場合は、公共交通機関を使った場合の交通費と一日あたり10,000円の日当報酬をいただきます。(税別)

 

2.必要に応じてさまざまなオプション

~司法書士はもとより、提携の税理士、行政書士、社会保険労務士などが連携して解決します。

 

2012-fuji-2012yokohama-128不動産の相続登記手続き2012-fuji-2012yokohama-815

以下の3つの条件を満たす一般的なケースの相続登記の報酬    一律5万円(税別)
1.お亡くなりになった方が日本国籍を有しており、日本民法が適用されること
2.建物とその敷地が同じ法務局の管轄内にあること
3.登記名義人が昭和23年1月1日以降にお亡くなりになった方であること

法務局の管轄が2つ以上にまたがる場合は、1法務局につき25,000円加算されます。

 

 

2012-fuji-2012yokohama-128自動車・バイクの相続登記手続き2012-fuji-2012yokohama-784

報酬は3万円(税別)

 

2012-fuji-2012yokohama-128遺産分割協議書の作成

相続人間で話し合いがまとまった場合に作成します。         
報酬は2万円(税別)。但し不動産相続登記に必要な場合は相続登記の報酬に含まれます。

 

2012-fuji-2012yokohama-128遺産分割調停の申し立て
相続人間で話し合いがまとまらない場合には家庭裁判所の判断を仰ぎます。
報酬は10万円(税別)

 

2012-fuji-2012yokohama-128成年後見の申し立て
相続人の中に認知症等で判断能力に問題がある方がおられる場合に申立ます。

 

2012-fuji-2012yokohama-128法定後見申し立て書類作成報酬
後見人等候補者になる場合  12万円(税別)
後見人候補者にならない場合 10万円(税別)

 

2012-fuji-2012yokohama-128失踪宣告や不在者財産管理人選任申立
相続人の中に生死不明の者や行方不明の者がいる場合に家庭裁判所に申し立てます。
報酬は10万円(税別)


2012-fuji-2012yokohama-128特別代理人選任申立
遺産分割協議を行う前提として、未成年者である子とその親が相続人である場合など協議者間で利益が相反する場合に家庭裁判所に申し立てます。
報酬は5万円(税別)

 

2012-fuji-2012yokohama-128自筆証書遺言の検認手続
自筆証書遺言が発見されたときに家庭裁判所に申し立てる手続きです。

報酬は10万円(税別)

 

2012-fuji-2012yokohama-128遺言執行者選任申立て
遺言書に遺言執行者の定めがない場合に家庭裁判所に申立てます。
報酬は10万円(税別)

 

2012-fuji-2012yokohama-128相続放棄の申立て
故人に相続財産を超える多額の借金がある場合など、家庭裁判所に申立てます。
報酬は放棄する相続人が1人の場合は3万円、2人以上なら1人につき2万円、3人以上なら1人につき1万5000円(税別)です。

 

2012-fuji-2012yokohama-128相続税の申告
相続税に精通した税理士が対応します。報酬の目安は、遺産総額の0.5%~0.8%です

 

2012-fuji-2012yokohama-128不動産の売却
不動産仲介業者を紹介します。報酬は0円です。

 

2012-fuji-2012yokohama-128遺品整理や家財道具の撤去が必要な場合
遺品整理業者等を紹介します。報酬は0円です。

 

3.手続きの流れ

無料相談

➔➔➔事務所へのご来所はもとより、近畿一円どこにでもお伺いいたします。大阪府内の場合は交通費も無料です。その他の地域の場合は、公共交通機関を利用した場合の交通費をいただきます。
※原則、受任の際は、相続人の方全員の委任状をいただいております。


相続人調査

➔➔➔相談時にいただいた情報をもとに戸籍謄本等を取り寄せて相続人を調査し、確定します。


遺産目録の作成

➔➔➔お亡くなりになった方の遺産を特定し、遺産分割協議の基礎となる遺産目録を作成します。


相続の放棄、限定承認の判断

➔➔➔お亡くなりになった方に債務がある場合は、よく調査、ご検討いただかないと結局、借金だけ相続することになってしまうこともあります。


遺産分割協議書の作成

➔➔➔お亡くなりになった方が遺言を残されていない場合、法定相続人の方々が具体的にどの遺産をどんな割合で相続するのか話し合い、書類にまとめなければなりません。


遺産分割調停の申立て

➔➔➔法定相続人の方々の間で遺産分割の話し合いがうまくまとまらない場合は、家庭裁判所に調停を申立てます。この際の申立書作成と提出は司法書士と弁護士だけができる仕事です。


金融機関への手続き

➔➔➔銀行などの金融機関は、お亡くなりになった方名義の預貯金を凍結します。そのため、引き出しや解約をするには相続人による相続手続きが必要となります。また、有価証券や株式にも相続手続きが必要です。

 

不動産の名義変更

➔➔➔お亡くなりになった方名義の不動産(土地・建物)の相続登記を行います。

 

家財道具などの整理・処分(遺産整理業務等)

➔➔➔お亡くなりになった方のご自宅の家財道具、病院・施設内の手回り品などは、法定相続人の方全員のご同意をいただいたうえで、当事務所から処分業者を手配させていただきます。ご希望により「形見分け」をしていただくこともあります。

 

遺言検認~遺言執行者選任審判申立て~遺言執行

➔➔➔自筆証書遺言が発見された場合は、家庭裁判所の裁判官の前で開封しなければなりません(検認)。このための申立て手続きや、遺言の内容を実現する「遺言執行者」が遺言の中で決められていない場合には、家庭裁判所に対してその選任申立て手続きも行います。さらに遺言執行者となって、お亡くなりになった方のご遺 志をスムーズに実現します。

 

成年後見申立

➔➔➔相続人の中に判断能力が低下した方がいる場合

 

不在者の財産管理人選任申立

➔➔➔相続人の中に所在不明の方がいる場合

 

失踪宣告申立て

➔➔➔相続人の中に失踪された方がいる場合

 

税理士、社会保険労務士、行政書士、不動産仲介業者などの紹介

➔➔➔税理士、社会保険労務士、行政書士、不動産仲介業者などの紹介

 

 

banner_PhotoStory


▲ページの先頭へ戻る