大阪市天王寺駅、阿倍野橋駅の司法書士 榊原秀剛司法書士/社会福祉士事務所 > 相続放棄

相続放棄

人が亡くなると、その時点でプラス財産はもとよりマイナス財産も、相続人に帰属します。一般に考えられている相続は、プラス財産だけですが、マイナス財産つまり借金も相続するのです。親が残した借金で苦労したという話は、昔からよくありました。
しかしながら、今は、相続放棄の手続きがあります。故人が亡くなったことを知った時から、3カ月以内に家庭裁判所に申し立てることで、借金を引き継がなくてよい道があります。家庭裁判所に認められることで、初めから相続人ではなかったことになり、プラス財産もマイナス財産も承継しないことになります。
私の事務所では、この12年来、成年後見業務や債務整理業務を数多く行ってまいりましたので、とりたてて「相続放棄専門事務所」を名乗ることなく、普通に出くわす事件としてずっと処理してきております。


亡くなってから3カ月が過ぎていても・・・

故人が亡くなって納骨も終わって、やれやれと思っている時に、見たこともない金融会社から、相続人に対して故人の借金を支払えという督促状が送られてくることが往々にしてあります。故人が他人の保証人になっていたというケースもよくある話です。
ところが、時すでに遅く、亡くなってから3カ月以上が経過している・・・・・
しかしながら、家庭裁判所では、金融会社からの督促などで故人の借金の存在を知った時から3カ月以内なら、相続放棄の申し立てを受理してくれるのが通例です。ですからいたずらに心配する必要はありません。

 

相続放棄しても生命保険金を受け取る権利は無くなりません。

生命保険金受取人の権利は、相続によって発生するものではありません。故人と保険会社との契約によって生じるものです。ですから、一般的に相続放棄によって、保険金を受け取る権利は消滅しません。詳しくは、保険証券等をお持ちになってご相談ください。

 

報酬は1人につき3万円、2人以上なら2万円、3人以上なら1万5000円です。

一般に相続放棄は、次順位者を含めて、まとめて考えるのが常です。故人に配偶者と子がいれば、まず、その配偶者と子が相続放棄を行い、次に法定相続の次順位 者である父母が、そしてその次の順位者である兄弟姉妹が相続放棄の手続きを取ることになります。そうしないと、次の順位者に債務が承継されてしまうからです。
相続放棄を1人だけで行うのではなく次順位者を含めて2人以上でまとめてご依頼される場合は、1人あたり2万円、3人以上なら1人あたり1万5000円の報酬をいただいております。なお、この報酬には家庭裁判所への書類提出代行も含まれておりますし、相続放棄の期間である3カ月が過ぎている場合であっても、特別に加算されることはありません。(こちらで家庭裁判所に提出する戸籍等をとらせていただく場合は、実費に加えて1通に付き500円の報酬はいただいてお ります。)報酬額は税別表示です。
報酬例(こちらで戸籍をとらせていただく場合は、1通につき500円加算)
1.夫が亡くなり、相続人が妻のみの場合:報酬3万円
2.夫が亡くなり、相続人が妻と1人の子供の場合:報酬2万円×2=4万円
3.夫が亡くなり、相続人が妻と2人の子供の場合:報酬1万5000円×3=4万5000円
4.夫が亡くなり、相続人が妻と2人の子供、さらに次順位者として父母が健在、さらにその次の順位者として兄と姉がいる場合:報酬1万5000円×7=10万5000円

 

banner_PhotoStory


▲ページの先頭へ戻る